APAF – アジア舞台芸術人材育成部門 宣伝美術


2018.11/01# ワークス

東京芸術祭 内のプログラム “アジア舞台芸術人材育成部門” 通称 “エーパフ” のフライヤーを制作しました。

 

APAFは、2002年に開始された「アジア舞台芸術祭」を前身に、2017年から東京芸術祭の1部門となった人材育成のプログラムです。アジアの舞台芸術を通じた相互理解と文化交流の促進、アーティストの相互交流による舞台芸術の創造と水準向上、優れた人材と作品の発掘と、アジアにおける芸術・文化の振興に貢献することを目指しています。10年間プロデューサーを務めた宮城聰に代わり、2018年から新たにディレクターとして多田淳之介が就任しました。

 

○国際共同クリエーション

○国際共同制作ワークショップ

○APAF アートキャンプ

という3つのプログラムがあり、フライヤーも3パターン制作しました。

 

 “APAF”  “エーパフ” という呼び名が、定着しますように。

 

IMG_2294


  • 2018.11
  • 2018.08
  • 2018.06
  • 2018.05
  • 2018.03
  • 2018.01
  • 2017.10
  • 2017.09
  • 2017.08
  • 2017.02
  • 2017.01
  • 2016.10
  • 2016.08
  • 2016.07
  • 2016.06
  • 2016.05
  • 2016.03
  • 2016.02
  • 2016.01